会社案内

Corporate Data 会社概要
Fukui Broadcasting Corporation 会社名
Company Name
福井放送株式会社
Chairman : Yukio Kofuji
President : Yoshihiro Miyagoshi
代表者
Organizer
代表取締役会長 小藤 幸男
代表取締役社長 宮腰 義博
March 6,1952 設立
Founded
1952年3月6日
¥150,000,000 資本金
Capital
1億5千万円
2-510 Ohwada, Fukui-shi,
Fukui, Japan 910-8588
本社
Headquarters
〒910-8588 福井県福井市大和田2-510
TEL:0776-57-1000(代)
4F Ginza-ouji-building 4-9-8 Ginza,
Cyuuou-ku,Tokyo, Japan 104-0061
東京支社
Tokyo branch
〒104-0061 東京都中央区銀座4-9-8
銀座王子ビル TEL:03-5550-6055
16F Nakanoshima-festival-tower
2-3-18
Nakanoshima,Kita-ku, Osaka-shi,
Osaka Japan 530-0005
大阪支社
Osaka branch
〒530-0005 大阪市北区中之島2-3-18
中之島フェスティバルタワー
TEL:06-6203-7871
4F Sugi-building 3-14-15 Sakae,
Naka-ku,Nagoya-shi,
Aichi, Japan 460-0008
名古屋支社
Nagoya branch
〒460-0008 名古屋市中区栄3-14-15
スギビル TEL:052-228-6767
3F Kanazawa-aoba-building 2-3-25
kourinbou,Kanazawa-shi,
Ishikawa, Japan 920-0961
金沢支社
Kanazawa branch
〒920-0961 金沢市香林坊2-3-25
金沢青葉ビル TEL:076-232-2580
1-17-19 Cyuuou-cho, Tsuruga-shi,
Fukui, Japan 914-0811
嶺南支社
Reinan branch
〒914-0811 敦賀市中央町1-17-19
TEL:0770-23-1020
※H27年11月25日から上記に変更
福井放送社屋 地図
History 沿革
Founded (capital ¥10,000,000) Mar. 1952 3月 福井放送株式会社を設立(福井市牧ノ島町)
資本金1000万円
Started Radio Broadcasting July 7月 ラジオ放送開始
Opened Tokyo,Osaka and Nagoya branches May 1957 5月 東京、大阪、名古屋支社開設
Increased capital to ¥150,000,000 July 1959 7月 資本金1億5000万円に増資
Started TV Broadcasting. Open Asuwa-yama TV-transmit station June 1960 6月 テレビ放送開始・足羽山テレビ送信所開局
Moved Radio-transit station to Owada, Fukui. Oct. 1961 10月 ラジオ送信所移転(福井市大和田町)
Headquarters moved to Ote, Fukui. Dec. 12月 本社移転(福井市大手町)
Started color television broadcasting. July 1962 7月 カラーテレビ放送開始
Introduced color broadcasting relay-car. Apr. 1970 4月 カラーテレビ中継車導入
Opened Tsuruga office. Sep. 9月 敦賀支局開設
Opened Kanazawa branch. Mar. 1973 3月 金沢支社開設
Headquarters moved to Itagaki, Fukui. Dec. 1981 12月 本社移転(福井市板垣5丁目)
Introduced radio-car "Echo-Mate". Oct. 1984 10月 ラジオカー・エコーメイト導入
Declared to be affiliated as Sister-Station with NJN(New Jersey Network) Aug. 1988 8月 NJN(アメリカ)と姉妹局締結
Introduced SNG-car. Sep. 1989 9月 SNG車導入
Declared to be affiliated as Friendly-Relation-Station with China Zhejiang TV Station. Apr. 1991 4月 浙江広播電視集団(当時 浙江電視台)と
「友好交流関係社台提携協定」締結
Tsuruga office was promoted to Tsuruga branch. Apr. 1992 4月 敦賀支局を支社に昇格
Opened Tsuruga Radio-relay station. Mar. 1993 3月 敦賀ラジオ中継局開局
Held General meeting of the National Association of Commercial Broadcasters in Fukui. Oct. 1998 10月 第46回民間放送全国大会(福井)開催
Opened Maruoka Radio-Relay-Station. Dec. 12月 丸岡ラジオ中継局開局
(大和田ラジオ送信所を移転)
Held ground breaking ceremony for new office building in Owada, Fukui. Aug. 1999 8月 新社屋起工式(福井市大和田町)
Held Local district meeting of Commercial Broadcasters Educational Association in Fukui. Oct. 10月 民教協地区大会福井開催
The 40th anniversary of TV broadcasting   2000   テレビ開局40周年
Headquarters moved to Owada, Fukui. June 2001 6月 新社屋へ移転(福井市大和田町)
The 50th anniversary of FBC's creation Mar. 2002   創立50周年
The 45th anniversary of TV broadcasting   2005   テレビ開局45周年
Beginning of digital broadcasting in Fukui May 2006 5月 地上デジタル放送スタート
Introduction of“PINTON”as the mascot character for FBC     キャラクター「ピントン」誕生
Local district meeting of Commercial Broadcasters Educational Association in Fukui Sep.   9月 民教協地区大会福井開催
The 55th anniversary of FBC's creation   2007   創立55周年
The 50th anniversary of TV broadcasting   2010   テレビ開局50周年
Analog broadcasting comes to an end July 2011 7月 テレビアナログ放送終了
The 60th anniversary of FBC's creation   2012   創立60周年
Started the IP simulcast radio “radiko”     「radiko」スタート
Established FBC Kagayaki fund     FBCかがやき基金設立
Started a marathon event“FBC relay marathon in Shibamasa” June 2013 6月 「FBCリレーマラソンin芝政」初開催
Redesigned symbol mark & logo Jan 2014 1月 シンボルマークとロゴを一新
The 55th anniversary of TV broadcasting   2015   テレビ開局55周年
<各種番組コンクール入賞作品>
1957 第5回民放祭で報道活動賞揚部門に「芦原大火速報」が連盟会長賞受賞
1963 第11回民放大会でラジオ報道社会番組部門に「雪害糞尿譚」が連盟会長賞受賞
38豪雪時の報道・救援活動に対し、政府の豪雪地帯災害対策本部から感謝状
北陸電波管理局と北陸電波協会より(豪雪に対する)災害功労団体として表彰
1964 ラジオ「FBCスコープ・録音構成”蓄犬談”」で電通広告賞受賞
1984 ラジオ番組「はるかなれど…歌」芸術祭大賞及び日本民間放送連盟ラジオ教養番組「最優秀賞」受賞
1986 ラジオ番組「ハイスクールステーション50人に聞きました」が地方民間共同制作協議会火曜会「優秀賞」受賞
1990 「ぼくらの学校は宝島」が平成2年度民教協「親の目子の目」奨励賞受賞
1991 JRN第2回「列島リポート」大賞受賞
1992 北陸電力テレビCMがACC(全日本CM協議会)奨励賞受賞
1993 ラジオ番組「ラジオドラマ韃靼漂流記」が第41回民放大会で娯楽部門優秀賞を受賞
1995 ラジオ番組「省三さんとミックの仲間たち」が第43回民放大会で最優秀賞を受賞
民教協テレビ番組「親の目子の目~”忍”の保育がはじまった~」が民教協会長賞受賞
1997 ラジオ報道番組「記者リポート・鳴尾健の見た日本海重油災害」が第45回民放大会で最優秀賞受賞
テレビCM「福井県ボランティア募集~よみがえれ日本海~」が第45回民放大会で優秀賞受賞
1998 ラジオ報道番組「松山ホステス殺人 福田和子~逃亡生活15年の検証~」が第46回民放大会で優秀賞受賞
ラジオ教養番組「裏日本~知られざる豊かさの国~」が第46回民放大会で優秀賞受賞
ラジオ生ワイド番組「重盛政史のげんき一番」が第46回民放大会で優秀賞受賞
テレビ教養番組「かあちゃんたちは田舎のヒロイン」が第46回民放大会で優秀賞受賞
テレビCM「グランディア芳泉~芦原温泉ホテル・時の寄り道~」が第46回民放大会で優秀賞受賞
ラジオ活動「心の成長を見つめて37年 福井県小中学校作文コンクール」が第46回民放大会で優秀賞受賞
1999 ラジオ娯楽番組「ふるさとうたがたり」が第47回民放大会で優秀賞受賞
ラジオ生ワイド番組「佐藤正幸のどこでもラジオ」が第47回民放大会で優秀賞受賞
テレビ娯楽番組「神様仏様酒井様?~北陸のエジソンの愉快な世界~」が第47回民放大会で優秀賞受賞
2000 「20世紀探訪~りんごの旅路~」が第48回民放大会 ラジオ・エンターテイメント部門で優秀賞受賞
ラジオ講座「いきいき長寿セミナー」が第48回民放大会 ラジオ活動部門で優秀賞受賞
ラジオCM「音のハーモニー~台所編~」が第48回民放大会 ラジオCM部門で優秀賞受賞
「海を越えたキャッチボール~福井、ロシア少年野球の交流~」が第48回民放大会 テレビ活動部門で優秀賞受賞
テレビCM「福井の響き~永平寺編~」が第48回民放大会 テレビCM部門で優秀賞受賞
2001 「ふるさとうたものがたり~今川節の遺したもの~」が第49回民放大会 ラジオ・エンターテイメント部門で優秀賞受賞
「この村で~それぞれの人生に寄り添って」が第49回民放大会 テレビ教養部門で優秀賞受賞
ふるさとの唄を発掘・保存するラジオ活動「恩地美佳の民謡彩々 」が第49回民放大会 ラジオ放送活動部門で入選
2002 テレビ家庭教育番組「幼児の世界」が第50回民放大会テレビ活動部門で優秀賞受賞
訪問販売被害防止CMがACC奨励賞受賞
2003 民教協テレビ番組「親の目子の目~命のおくりもの~」が文部科学大臣賞受賞
ラジオ番組「絆」が、第51回民放大会ラジオ教養部門で優秀賞受賞
ラジオ番組「親父たちのための歌声広場」が、第51回民放大会ラジオエンターテインメント部門で優秀賞受賞
ラジオ番組 歌でつくる聴取者との場「世界にたったひとつ…あなたの歌をつくります」が、第51回民放大会放送活動部門で優秀賞受賞
2004 ラジオ番組「ホワイトアウトからの生還~大長山で遭難した14人に何が起きたのか~」が、第52回民放大会ラジオ報道部門で優秀賞受賞
ラジオ活動「時報スポットの一般聴取者への開放」が、第52回民放大会ラジオ活動部門で優秀賞受賞
ラジオCM「おれおれ詐欺被害防止キャンペーン」が、第52回民放大会ラジオCM部門で優秀賞受賞
民教協テレビ番組「親の目・子の目 親の背を見て子は育つ?」が、奨励賞受賞
「美浜原発3号機蒸気漏れ死亡事故報道」が、NNN24ブレーキング大賞受賞
「拉致被害者とその家族の動向報道」が、JRN特別賞受賞
2005 ラジオ番組「時を越えて…あぁ青春のDSK~だるま屋少女歌劇団~」が、第53回民放大会ラジオ教養部門で優秀賞受賞
民教協テレビ番組「いきいき!夢キラリ~せっちゃんは七変化~」が、会長賞受賞
2006 ラジオ番組「時を越えて…あぁ青春のDSK~だるま屋少女歌劇団~」が、ギャラクシー賞ギャラクシーラジオ選奨受賞
2007 ラジオ番組「げんき一番 SPレコード特集」が、第55回民放大会ラジオ生ワイド番組 優秀賞受賞
ラジオ番組「僕たちのRadio Days 山谷親平物語」が、第55回民放大会ラジオエンターテインメント部門で優秀賞受賞
ラジオ番組 シリーズ・今大切なもの「今に息づく海女の恋歌」が、JRN賞(ラジオ企画部門)受賞
JRN/JNNアノンシスト賞 ラジオフリートーク部門で岩本和弘アナウンサーが最優秀賞受賞
2008 テレビ番組「白川文字学が教育現場に」が、第56回民放大会テレビ教養番組部門中部地区審査会 審査員特別賞受賞
ラジオ番組「海女の恋歌~なんぼや~」が、「録音風物詩」ラジオ番組コンクールで最優秀賞受賞
NNNアナウンス大賞 ラジオ部門で谷戸礼子アナウンサーが大賞受賞
JRN/JNNアノンシスト賞 ラジオフリートーク部門で谷戸礼子アナウンサーが優秀賞受賞
2009 テレビ番組「子どもたちの戦争~置き去りにされた文集から~」が、第57回民放大会 テレビ教養番組部門で優秀賞受賞
ラジオ番組「自死救出~東尋坊 命の番人~」が、第57回民放大会ラジオ報道番組部門で最優秀賞受賞
パナソニック提供ラジオ番組『歌のない歌謡曲 第40回CMコンクール』において、金賞受賞
ANNアナウンサー賞 高校野球実況部門で吉川圭一アナウンサーが奨励賞受賞
テレビ番組「ニッポンの恐竜はどこから来たのか」が第40回科学放送高柳記念企画賞受賞
2010 テレビ番組「発見!人間力 私、八百屋です。先生やってます」が平成22年民間放送連盟賞中部北陸地区審査会 審査員特別賞受賞
ラジオ自社 PR「守りたい ふるさと ふくいの音」が平成22年日本民間放送連盟賞CM部門でラジオ第2種 最優秀賞受賞
テレビ番組「発見!人間力 輝け!小さなヒーローたち~里山保育の一年間~」が平成22年度民間放送教育協会賞 会長賞受賞
テレビ番組「子供たちの戦争~置き去りにされた文集から~」が平成22年中部テレビ大賞 日本放送作家協会賞受賞
『高速増殖炉「もんじゅ」再開』がJRN賞 報道部門で受賞
平成22年度 第41回「歌のない歌謡曲」CMコンクール 銅賞受賞
第35回JRN・JNNアノンシスト賞 CM部門で岩本和弘アナウンサーが優秀賞受賞
第32回NNSアナウンス大賞 ラジオ部門で岩本和弘アナウンサーが優秀賞受賞
2011 FBCラジオ特集「日本一短い手紙たち 一筆啓上賞 涙から明日へ」が 平成23年日本民間放送連盟賞教養番組部門で優秀賞受賞、第7回日本放送文化大賞グランプリノミネート(中部北陸地区より1位選出)、第49回ギャラクシー賞 上期入賞
ラジオ自社媒体PRスポット「あなたの心に 音でステキな風景を えがきたい」が平成23年日本民間放送連盟賞 CM部門でラジオ第2種 優秀賞受賞
第36回JRN・JNNアノンシスト賞 CM部門で川島秀成アナウンサーが優秀賞受賞
テレビ番組「学びEye!永平寺に学ぶ~食の作法~」が平成23年度民間放送教育協会文部科学大臣賞受賞
ラジオ番組「共生の民 40年目の衝撃~崩れた安全神話・若狭湾の憂い~」が平成23年日本民間放送連盟賞ラジオ報道番組で優秀賞受賞
テレビ番組「ぼくらのでかでか山~生きる根をはれ!山里教育~」が平成23年日本民間放送連盟賞中部北陸地区審査会 審査員特別賞受賞
「発見!人間力 輝け!小さなヒーローたち~学びは遊びから始まった~」が平成23年度中部テレビ大賞 レギュラー番組部門で大賞受賞
第10回ANNアナウンサー賞 ナレーション部門で東海佳奈子アナウンサーが新人賞受賞
2012 テレビ番組「学びEye!永平寺に学ぶ~食の作法~」(前後編)が第16回中部テレビ大賞 協会本部特別賞受賞
第34回NNSアナウンス大賞 ラジオ部門で岩本和弘アナウンサーが優秀賞受賞
2013 テレビ番組「土からのごほうび~NO!合併と言った町~」が平成25年日本民間放送連盟賞 番組部門テレビエンターテインメント番組で優秀賞受賞
テレビ番組「FBCスペシャル 最後のタクト~魂がゆれた!合唱団の30年~」が平成25年日本民間放送連盟賞 特別表彰部門 青少年向け番組で優秀賞受賞
テレビ番組「土からのごほうび~NO!合併と言った町~」が第33回「地方の時代」映像祭 放送局部門で優秀賞受賞
テレビ番組「若狭食の回廊を歩く」がBS朝日にほん風景遺産感動大賞受賞
テレビ番組「神が降り立つ地に生きる~高浜七年祭~」がダイドードリンコスペシャル日本の祭り2013 準グランプリ
第35回NNSアナウンス大賞で西田隆人アナウンサーが新人賞受賞
2014 テレビ番組「土からのごほうび~NO!合併と言った町~」が第18回中部テレビ大賞 レギュラー番組部門で大賞受賞
テレビ番組「いっぱい走りたい-2000万人に1人の願い-」が第18回中部テレビ大賞 U-30部門で大賞受賞
テレビ番組「土からのごほうび~NO!合併と言った町~」が独立メディア塾 開設1周年記念表彰 ドキュメンタリー部門で優秀作品賞受賞
第13回ANNアナウンサー賞で西田隆人アナウンサーが新人賞受賞
2015 ラジオ自社媒体PRスポット「ステキな音に出会える FBCラジオ」が、平成27年日本民間放送連盟賞 CM部門でラジオ第2種 優秀賞受賞
ラジオ番組「ここは無人駅じゃない~理容師夫妻の20年」が、2015年度「録音風物詩」ラジオ番組コンクールで最優秀賞受賞
ラジオ特別番組「祖父が残した手紙~父と子でたどる戦後70年~」が、第11回日本放送文化大賞グランプリノミネート(中部北陸地区より1位選出)
第36回NNNアナウンス大賞 ラジオ部門で岩本和弘アナウンサーが大賞受賞