2016,07,29, Friday 

    

澄んだ海
スタイリッシュな雰囲気
穏やかな空気感


私の勝手な感想ですが、、地域の皆さんに愛され、可愛がられているビーチは
なんだか嬉しそうでした。


福井県高浜町の若狭和田ビーチへ。

遠浅の海で、家族連れにも大人気のビーチ。
    

今年4月嬉しいニュースが入ってきました。
若狭和田ビーチがBLUE FLAG(ブルーフラッグ)を取得!!
BLUE FLAGとは優れたビーチが取得できる国際環境認証です。
日本初!アジア初!の取得となりました。

取得するためには
水質、環境マネジメント、環境教育と情報、安全性、サービスについて
33の厳しい基準をクリアしなければなりません。

『100年後もキレイな海を子どもたちへ』を合言葉に
美しいビーチを守る活動を、行政だけではなく、地域のみなさんが団結して
清掃活動やビーチの景観づくりなどに取り組んでこられました。

BLUE FLAG取得の旗
風を受けながら凛と なびいていました。
  



高浜に行ったら立ち寄ります。
★明鏡洞★
    



久しぶりの海水浴でした。
  

2016年夏★素敵な絵日記が描けそうな穏やかで心地よい日でした。


  


2016,07,26, Tuesday 

小学生の頃、図工の時間に制作する版画や絵画などの題材にしていました。

力強い角 繊細な足の先にある鋭い爪そして、、、、つぶらな瞳


それは、、、カブトムシです!!


私には2つ上に姉がいて、幼い頃は姉や友人と一緒に人形で遊んだり、おままごとをしたりして過ごしてきましたが、
一方で近所のお兄ちゃんたちと一緒に、外を駆けまわり、木登りをしたり、田んぼでザリガニを捕まえたりと
わりとわんぱくな幼少時代を過ごしてきました。

その中で出会ったのがカブトムシ

白くて、ぷくぷくで、まんまると太った幼虫


平気で触る、お兄ちゃんたちに混ざり、きっとあの時の私は恐る恐る触ってたのだと思います。

小学校高学年から高校にかけて、毎年カブトムシを育てるようになりました。
それも幼虫からです。


買ってきたばかりの幼虫がタッパーから脱走してしまい家じゅうを探しまわったり(数時間後に見つかりました)
飼育ケースから抜け出した成虫をリビングの網戸で見つけたりということもありました。

カブトムシの食事であるミツもキッチンで作っていました。


今でもカブトムシが大好きで、夏になるとカブトムシを触りたくて触りたくて仕方ありません。

先日、石川県白山市にあるふれあい昆虫館に行きました。



カブトムシと触れあってきました。


世界のカブトムシも展示してあって、その大きさや色合い、ユニークな角にテンションが上がりました。

カブトムシかなりLOVEです♪♪




| 前の記事>>

山田恵梨子 最近のエントリー 月次アーカイブ 担当番組 過去ブログ 過去のコンテンツはこちら