2018,07,17, Tuesday 

 『金』 『銀』 『福』 って、、、

おめでたいでしょ(^―^)


福井市で誕生したスイカ!!

その名も金福すいか 銀福すいかです。
福井市白方町で栽培されています。


【左】金福すいか・・・外が黄金色で中は赤色
【右】銀福すいか・・・外が緑色で中が黄色です。

食感や味わいが違う二種類の食べ比べもおすすめです。

金福すいかは、あっさりとした甘味で スイカ特有のシャリシャリ感が強いです。
銀福すいかは、甘味が強く、酸味もあり爽やかな風味です。

この小玉スイカは、おめでたい名前と見た目から海外でも人気があり
台湾香港にも輸出しているそうです。

今年はスイーツも誕生しました。
金福銀福すいかシャーベット


ピンクイエローのマーブルで見た目も可愛い

店員さんからカップを受け取るとすぐにスイカの香りが漂ってきました。
本物のスイカを冷たくして食べているよう!!
美味しい!!本当に美味しい!!


手掛けたのは福井市に本店を構えるジェラートトリノです。
福井駅西口のハピリン店と福井市内の農産物直売所喜ね舎で販売しています。
(〜7月末頃まで販売予定)

金銀福!!でハッピーに☆

2018,07,13, Friday 

西日本豪雨。。。 

再び襲ってきた自然災害。

家族や親しい友を亡くし
大切な家や町を失った多くの被災者のみなさん。

ぶつけどころのない悲しみや苦しみ、喪失感、不安、心の痛みなどに
押しつぶされそうになりながら
一日一日を過ごすことが精一杯だと思います。

変り果てた風景や生活。
先の光を見いだせず、どれだけ心と体が限界を感じていることでしょう。。。

福井県は14年前福井豪雨を経験しました。
福井市の中心部を流れる足羽(あすわ)川が決壊。

今回の西日本豪雨のように、泥水が勢いよく町を侵食し、道路が川となりました。

当時、私は入社1年目。
ショッキングな光景でした。

あれから14年。
あの時の教訓を生かして、河川の改修工事も行われ川幅を広くしたり

各地域でも防災対策や意識をさらに高めると共に

この教訓を後世に伝えていく取り組みも進んでいます。

西日本豪雨の事、決して忘れません。

どうかどうか、一日も早く、いつもの日々が戻ってきますように。

被災者のみなさんの心と体が、今の状況を乗り越えられますように。

また笑顔で、暮らせますように。

| 前の記事>>

山田恵梨子 最近のエントリー 月次アーカイブ 担当番組 過去ブログ 過去のコンテンツはこちら