2018,11,08, Thursday 

福井県のローカル線を舞台にした
映画『えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました』 
11月3日に福井県内先行公開になり
11月23日から順次全国公開になります。

福井県のローカル線『えちぜん鉄道』を略して『えちてつ』

田園風景九頭竜川沿いなど福井の自然の中を走り抜けます。
私も何回も利用しています。
のんびりできて、車窓からの眺めにも癒されます。

えちてつ、好きです。

この列車に乗っているのがアテンダントの女性です。
無人駅もあるため乗車券の販売や車内アナウンスのほか
高齢者のサポートなどをしています。

とても親切ですし、アテンダントの女性を見るとホッと安心します。

さて、映画の主役はお笑いタレントの横澤夏子さんです。

ストーリーは、お笑いタレントを目指して上京した
横澤夏子さん演じる主人公いづみが挫折を味わい
故郷の福井県に帰ってきます。

そこから御縁でえちてつのアテンダントとして人生を歩み始めますが、、、。

明るくおもしろい横澤さんのイメージ通りのシーンもありますが
今まで見たことのないシリアスなシーンもあり
横澤さんの、違った魅力にも触れることができます。

監督は、数々のテレビドラマを手掛けてこられた児玉宜久さん



『撮影では福井のみなさんがとても温かく
故郷に帰ってきたような気持ちになった』

とおっしゃっていました。

映画では福井県の観光名所もふんだんに登場します。

えちてつ物語をご覧になってから
えちてつに乗るのもおすすめです!!


逆に、、、えちてつに乗ってから、映画をご覧になるのも
良いと思います。


2018,10,30, Tuesday 

後輩たちの新たな旅立ち

今年、福井を旅立った後輩2人と再会しました。


今年の3月まで福井放送にいた齋藤沙弥香アナウンサー
今は、故郷である長野県の放送局・テレビ信州で活躍中です。
夏に福井に遊びに来てくれました。


中央・齋藤アナウンサー
右・2年目の奥村ディレクター(福井放送)


福井放送にいた頃、『えりこさ〜ん』
可愛い声で、よく私の机に相談をしに来てくれたことを思い出します。


そして西田隆人(たかひと)アナウンサー

機能性発声障害という病のために
アナウンス業を諦めざるを得えませんでした。

その後、手話を取り入れた男性ボーカル&ダンスパフォーマンスグループ
HAND SIGN(ハンド サイン)のメンバーとして
大学から勉強している手話を活かした活動をしてきました。

今月、福井県で開催された障害者スポーツ大会の開会式と閉会式で
パフォーマンスを披露しました。

その期間中に「少しでも時間ありますか?」
連絡をくれたのが嬉しかったです。


治らないかもと言われていた病が奇跡的に完治し
今年7月からは広島ホームテレビで
アナウンサーとして働いています。


左から2番目・吉見アナウンサー
右から2番目・西田アナウンサー
右・HAND SIGN のメンバーOzA(オザ)さん

福井のソウルフードやきとりの名門 秋吉で食事をし
別れるまで話が尽きませんでした。


後輩たちの近況を聞くことが出来て、嬉しかったし、
思い出話も楽しかったです。

福井放送がつないでくれた大切な御縁です。

福井にいつでも遊びに来るんだよ〜と伝えました。
私は、両手を広げて待っています。

| 前の記事>>

山田恵梨子 最近のエントリー 月次アーカイブ 担当番組 過去ブログ 過去のコンテンツはこちら