2019,03,04, Monday 


 ノスタルジックな昭和30年代の町で、愛らしい猫たちが豊かな表情を見せています。
現在 鯖江市で開催中の「あみきゃら横丁展」に行ってきました。


 舞台は、制作した田賀さんご夫妻のふるさと・鯖江。その昭和の街並みを精巧なジオラマで再現しています。
どこか懐かしく、癒される空間・・・。世代を超えて多くの来場者が「あっ、この建物、昔あったね」と思い出話に花を咲かせていました。 
猫たちも、毛糸で立体的に編みあげており、そのけなげな表情から 昭和を懸命に生きてきた人々の息づかいが聞こえてきそうでした。


 この「あみきゃら横丁展inさばえ」は、鯖江市まなべの館で、3月31日(日)まで開かれています。


   


   

2019,02,18, Monday 

 神聖な空気に満ちあふれた豊かな森でした。
あわら市吉崎の眼前に広がる石川県加賀市の「鹿島の森」
北潟湖を臨む周囲600メートルの陸続きの小島です。
 

 島の入り口の看板には「数百年来 斧を入れたことがなく・・・」と記されていました。
そこで ちょっと足を踏み入れてみると、森全体が常緑広葉樹で覆われた神秘の空間!


 水辺に浮かぶ遊歩道も整備され まさに探検気分を味わえます。
穏やかな週末の午後、心身共にリレフレッシュ出来たひとときでした。



   

| 前の記事>>

森本茂樹 最近のエントリー 月次アーカイブ
過去ブログ 過去のコンテンツはこちら