2012,05,31, Thursday 

     麦秋や

  

         届けぼくらの

  

                   メッセージ



麦秋。秋という文字が入っていますが、夏の季語ですね。

麦畑に風が吹くと、さわさわさわ…と心地いい音があたりを駆け抜けます。

麦たちが話をしているようにも聞こえる。

そんなふうに。風にのって、ぼくらの放送もみなさんのところへ届いていく。

もちろん、風じゃなくて、電波で届いているのですが…笑

ラジオって、そんなイメージだなぁと、黄金色に染まった広い麦畑を見ながら感じました。









       

さてこちらは、

書道シンガーソングライター友近890(ともちかやっくん)

「良ーいドン!!」のドンドンジャーナルに今日電話で生出演してくれました。

愛媛出身の33歳。28歳のとき、脱サラして音楽の道へ。

現在、全国各地の福祉施設や学校・保育園などに出向いてライブをする

「日本全国!笑顔届ける施設ライブ」の真っ最中。自動車で47都道府県を回っています。

30日には福井の2つの施設でライブをされました。


書道シンガーソングライターって何!?って思うでしょう?

実はやっくんは「友近燧山(すいざん)」の雅号を持つ書家でもいらっしゃるのです。

オンリーワンのパフォーマンスとして編み出されたのがこちら!

      

歌いながら書をかく、「彩り書道ソング」です。

歌を楽しみながら、出来上がっていく文字に、利用者の方もとても感心されていました。

もちろん、ギターを持っての弾き語りもされますよ。



まさに、そこに風を吹かせるように爽やかな歌声と、笑顔。

そしてリハーサルから汗だくになるほど1曲1曲に魂を込めて歌う姿勢。


大注目のアーティストです!    友近890のホームページはこちら

<<次の記事 | 前の記事>>