2018,12,21, Friday 

平成30年 日本民間放送連盟賞のラジオ生ワイド部門で、
FBCラジオが制作した 午後はとことんよろず屋ラジオ
「許せない!特殊詐欺 絶対にだまされないぞ スペシャル!!」(5月29日 放送)が、
最優秀賞を受賞しました。
11月7日(水)に、都内で行われた民間放送全国大会において表彰式がありました。


  

オレオレ詐欺・架空請求詐欺・還付金詐欺などの特殊詐欺。
不特定多数の人を対象にした、誰もが被害に遭う恐れのある犯罪です。
身に覚えのない料金未納のハガキやメールが送られてきたという経験を
多くの方がされているのではないでしょうか。

昨年(2017年)の全国の特殊詐欺被害額はおよそ390億円と極めて深刻な状況です。
警察や金融機関などが対策を進めていますが、新たな手口や巧妙化・多様化する手法により被害は止まりません。

そこで番組では、福井県警察本部の協力のもと、
具体的な被害の事例や実際に発生した還付金詐欺での『電話音声』などを紹介しながら、
巧妙な手口や対処法を心理学など多彩な角度から検証しました。

犯人は、3つの手法で、人間の心理を巧みに利用し、だまそうとします。
<特殊詐欺 3つのパターン>
★「感情を揺さぶる」
  不安や恐怖をあおったり、「必ず儲かる」など喜ばせることで、判断力が低下します。
★「決定を急かす」
  「今すぐ振り込んで!」など、時間の余裕を与えず、決定を急かします。
★「肩書や身分でだます」
  警察官・金融機関職員・自治体職員などの肩書きで信憑性をアピールしてきます。
  私たちの生活は、警察を信用することで成り立っています。そこを逆手にとって、だまそうとしてきます。

これらが連動することによって、だまされる危険性が高まります。

先日、私の自宅にも「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」という
ハガキが届きました。最近、警察に相談が多く寄せられる、全てがウソのハガキです。
 

このハガキも、3つの手法で人間の心理を突いてくる、典型的な詐欺のパターンにあてはまります。
★「訴訟」「裁判所」という言葉で、感情を揺さぶってきます。
★「最終告知」という言葉で、決定を急かしてきます。
★「法務省」「裁判所執行官」「霞が関」という肩書や身分などでだまします。


このようなハガキが届いた場合は、絶対に電話をせず、無視してください!
不安な場合、判断・対応に困った場合は、警察相談ダイヤル(#9110)に相談してください。
ご近所にも届いているかもしれません。
地域で声を掛け合って、絶対にだまされないようにしてください。

特殊詐欺にだまされないためには、家族や地域で話し合っておくことも重要です。
年末年始、家族・ご親戚・地域でお集まりになる際に、是非、注意を呼び掛けてください。

FBCラジオでは、12月27日(木)17:50〜
年末特番「許せない!特殊詐欺 絶対にだまされないぞ スペシャル」をお送りします。
是非、参考になさってください。


2018,11,14, Wednesday 

今年のプロ野球ドラフト会議で、ルートインBCリーグ、福井ミラクルエレファンツの
片山雄哉(ゆうや)選手が、阪神の育成1位、
松本友(ゆう)選手が、ヤクルトの育成2位指名を受けました。
先日のユーグレディオにご出演いただきました。


片山雄哉 選手        松本友 選手

片山雄哉(ゆうや)選手 24歳(177センチ、体重83キロ 右投げ左打ち)
愛知県安城市出身。安城南中1年で本格的に野球を始め、刈谷工業高校、至学館大短期大学部を経て、
2015年にエレファンツ入団。田中雅彦監督の指導や来シーズンから阪神1軍バッテリーコーチに就任する
藤井彰人さんの指導などで才能か開花。2017年に正捕手に抜擢され、
今季は、打率3割3分、本塁打14本、打点62と自身最高の成績。盗塁18の俊足も魅力です。
強肩強打、打って走れる捕手として甲子園で活躍する日が楽しみです。

松本友(ゆう)選手 23歳(180センチ、体重80キロ 右投げ左打ち)
福岡県出身、小学3年で野球を始め、中学時代は、フレッシュリーグの宇美スターズに所属。
東福岡高校から明治学院大学に進み、1年春に首都大学リーグ2部の首位打者を獲得。
昨年、エレファンツに入団し、1年目から主力として活躍。
今季は、全試合に出場し、リーグ2位の101安打、打率3割2分6厘を残すなど打撃力が向上。
9月は驚異の打率5割をキープし、月間MVPを獲得しました。
1軍ショートのレギューラー獲得で、山田哲人選手との2遊間を期待したいものです。

2人は、同学年で、同じ左打者、エレファンツの柱でもあり、ライバルでもありました。
NPBの1軍の舞台で、対決する日が楽しみです!
是非、2人の活躍に注目下さい!

| 前の記事>>

岩本和弘 最近のエントリー 月次アーカイブ 担当番組 過去ブログ 過去のコンテンツはこちら