2018,06,25, Monday 

     

「震度6弱」から6日目の土曜、恐る恐る実家の玄関を開けました。
物が落ちたり倒れたりしていたほか、壁には複数の小さな亀裂…

ただ、家具の転倒はなく、食器の散乱や雨漏りも皆無。
震源から10キロも離れていないのに、小さな被害でホッとしました。

近所を歩いてみても、家々に外見上の問題はほぼありません。
阪神大震災と東日本大震災の直後にも行きましたが、全く異なりました。

     

通常の景色とそう変わりませんでしたが、母校の郡家小学校は避難所が開設中。
プールの横を通ると、壁の上部は金網のようになっている構造でした。

狭い範囲を見ただけの印象に過ぎませんが、この地震で犠牲者が出たことがとても残念です。
特に、ブロック塀が崩れて亡くなった寿栄小学校の子が可哀想過ぎます。

3・5メートルの異様な高さの違法ブロック塀が通学路で放置。
しかも、専門家に危険性を指摘されながら放っておくとは理解できません。

守れたはずの命だけに、やるせない気持ちを抱えて福井に帰ってきました。

私達1人1人が身のまわりの耐震化について考え、進めることが大切です。



□□□□□□ 今週の「いと!うまし」 □□□□□□

  「敦賀ふわっセ」   小堀菓舗 (敦賀市神楽町)

     

県産コシヒカリのフワフワ生地で、敦賀みかんのゼリーをサンド。

甘酸っぱさと、クリームの甘みのバランスがGOOD!

クリームは生クリームとカスタードの2種類があります。

僕は生クリーム派です。

ごちそうさまでした!

<<次の記事 | 前の記事>>

伊藤裕樹 最近のエントリー 月次アーカイブ 担当番組 過去ブログ 過去のコンテンツはこちら