デジタル放送では、電波の広がりによる映像音声の劣化に強くゴーストなどの障害はありません。クリアな映像と音声を視聴することができます。 HDTV走査線数が1125本でアナログ放送の525本の2倍です。 画面の縦横比(画角)が16:9となり従来のアナログ放送の4:3画面に比べて30%以上ワイドになります。 一部の番組では、5.1chの高品質な音声を楽しむことができます。中央、左右、後方の左右、低音用の6つのスピーカーを使って、包み込まれるような臨場感を体感することができます。