駅前で見〜つけた トップページへ戻る
バックナンバーへ
コーナーのトップへ戻る
スタジオの壁
8月3日ここだけの話・・・
◆<青田昇さんの遺志をいつまでも>◆



写真1
中畑清氏が「青田昇賞」を贈呈
写真2
少年たちの応援に駆けつけた
故青田昇さんのご家族

日本・ロシア・中国3カ国が参加した環日本海杯少年野球大会が
7月末 福井市で開催されました。各国の子供達が 国境 文化 言葉の違いを乗り越えて 大好きな野球を思う存分楽しんだ4日間でした。
 ところで 大会期間中 嬉しいお客様が福井市野球場を訪れました。プロ野球解説者の故青田昇さんのご家族です。実はこの海を越えた少年野球交流の原点を築き上げたのが青田昇さんでした。青田さんは10年前に 旧ソ連を訪れて中古の野球用具を贈呈 現地にいる子供達に野球の楽しさを伝えました。これがロシアでの少年野球発展の契機となり 92年から福井とロシアの少年たちによる親善大会がスタート、初の環日本海杯少年野球大会に繋がったのです。
私も 青田さんとともに旧ソ連の子供達を取材しましたが「日本のプロ野球に来てくれよ」と語りかける青田さんの熱い思いにたくさんの子供達が 大きな夢を膨らませていったのです。今でも青田さんの語りかけたプロの夢を追いかける多くのロシア少年達。その野球少年たちの夢をサポートしてくれているのが 生前 青田さんと親交の深かった同じ巨人OBの中畑清さんです。 大会期間中 中畑清さんと山倉和博さんは 憧れの巨人のユニフォームに身を包み3カ国の野球少年たちに熱血指導をしました。子供達の中には 青田昇さんの孫も参加!炎天下の野球教室終了後 中畑さんは 青田昇さんの功績を称えて創設された「青田昇賞」を各国チームのキャプテンに贈呈しました。贈呈式に出席してくださった青田昇さんの長女・雅子さんの目も潤み 私も10年前の青田さんの姿とダブって 思わず感極まった瞬間でした。天国の青田さんに改めて思いを馳せ 私は真夏の青空を見上げて心の中でつぶやきました。

 「青さん 本当にありがとう!」

来年夏も 青田昇さんの遺志を継いで 環日本海杯少年野球大会はロシア・ナホトカ市で開かれる予定です。

<文責 森本茂樹>
スタジオの壁
福井放送株式会社
〒910-8588
福井市大和田町37-1-1
tel 0776-57-1000